1. HOME
  2. 氷温
  3. 氷温技術による効果

氷温

HYOUON

氷温技術による効果

本来の旨みを引き出し一層おいしくします

古米でも若返らせが可能です

生きたままの状態で鮮度を保持します

食品保存期間を飛躍的に延長します

高価格時期の出荷が可能になります

賞味期限を延ばします

風味を損なわずおいしさを濃縮します

氷温庫を使用した技術

氷温貯蔵

野菜、果物、肉類、魚介類などの生鮮食品、さらには冷蔵食品の高品質管理などを広く利用されています。氷温貯蔵はとれたての鮮度と美味しさを一般的な冷蔵よりさらに長期間保つことができます。

氷温発酵

パン、納豆や漬物などで利用されています。例えば、パン生地を氷温発酵することでもっちりとした食感と小麦の美味しさが引き立ちます。

氷温乾燥

ホッケ、サンマなど水産物で利用されています。氷温乾燥すると旨味が凝縮され、まさに大寒の旬の味となります。

氷温熟成

生鮮品や加工品など幅広く利用されています。例えばコーヒーの生豆を氷温熟成することで甘い香りとまろやかな味わいとなります。また、にんにくは氷温熟成することで糖が増加します。

濃縮機を使用した技術

氷温濃縮

イチゴやキウイなどの旬のフルーツで利用されています。氷温濃縮は加熱をしないので色合いや風味を保ちフレッシュさが残ったまま仕上がります。